忍者ブログ
EIGHT LOVERな∞er による、ひっそり応援ブログ♪相互リンクさん、eighterさんなど、お友達募集中です(゚レ゚∞)
[104]  [111]  [103]  [102]  [101]  [100]  [98]  [97]  [96]  [95]  [92
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


もっと早くに書く予定だったのですが
伸ばし伸ばされ、遅くなりました


タイトルこんな感じで書いちゃいましたけど
【拝啓、横山様】・・・な文ではないです

えっと。

この4,5ヶ月の間、エイトでの仕事だったり
【拝啓、父上様】関連の、ピンでの仕事だったり。
ろくに寝て無いような日も、多々あっただろうと思いますが
「3/13 CRANK UP」という事で、お疲れ様でしたですね。

時夫君は、ほんまに横山さんハマり役ですね。
横山さんは複雑な心境らしいですが(笑)
『ハマり役』なんて言い方はしてますが
横山さんの演技が上手いっていう事ですからね。

そういう褒め言葉を、色んな人の口から聞けて
ヨコ担としては、嬉しい限りなんですよね
お前の事じゃないのに「ありがとう、ありがとう」って
アホみたいにお礼を言ってしまったりするぐらい

千草姉ちゃんの仕事先のお姉さんが
「あの子、ええ味出してるわぁ」とかって
褒めてくれてたらしいんです。
ほんまに何か、素直に嬉しかったです
それで、そのお姉さんは【拝啓、父上様】を
途中から見てたらしくて、全部見たいって
言って下さいましてですね
もう、録画してたやつ全部即貸しですよ(笑)
今日、電話でお話ししましてですね
「返すん遅くなるかも知れんけど、ちゃんと見るからね。」
・・・って   嬉しい話です。



続きは個人的感想です








【拝啓、父上様】


きっと、横山さんが出演してなかったら、見てなかっただろうなって思います。
何でかって言うと、あたしのし好や性格の問題なんですけどね。

*まず、し好の問題*

感動物って言えば、洋画しか見ないし。
『人情コメディ』って聞くと、『人情』って部分がのんびりしたイメージがあって
「あ~。面白くないやろうなぁ。」ってなっちゃうんです。

*続いて、性格の問題*

あたしはめんどくさがりで、忘れっぽいんですね。
だから、面白いと思ったドラマとかをまた見ようとって思っても
忘れてて見逃したりとか、1話でも見逃してしまったら
見る気が失せてしまったりしちゃうんですよ。


でも、横山さんのお陰で良い作品に出会えました。

・一つの小さな街の中で繰り広げられられる、人々の生きる道。
 主にスポットライトが当たっていたのは、二宮さんですが
 一人一人にちゃんと物語があって、その物語が絡み合ってて。
 色々な人の物語を通して、考えさせられることが多かったです。

・たくさん人が出てくるので、ややこしくなるかと思ったんですが
 一人一人の役がしっかり定まっていたお陰か、頭の中を整理する
 必要もなく、ストーリーを理解しやすかったですし。

・面白いシーンや、シリアスなシーンの入り混じった物語って
 なんて言うか・・・普通だったら、展開がややこしくなったりだとか
 感情の波がおかしくなったりしちゃうと思うんですけど
 全然そんなこともなく、のんびりとした空気のまま流れて行って
 これが倉本さんの作品なんだなって、驚きました。

・初めは(素直に言っちゃいますけど)横山さん
 出演してるからっていう、単純明解な理由で見てました。
 でも、回を重ねるごとに、物語そのものに引き込まれてて
 「これの真相はどうなんやろ?」とかって気持ちも新たに
 芽生えたりして、物語そのものが楽しみになっていきました。

・切ないシーンも、笑えるシーンもたくさんありましたけど
 「誰が演じてるシーンは感動する」とか
 「誰が演じてるシーンは面白い」っていうのは無かったです。
 何て言ったらいいんですかね・・・言葉にするのが難しい。
 (理解しにくいかもしれませんが、一応書きますね。)
 例えば、時夫は笑わせるシーン担当って感じでも
 時夫のセリフや行動に感動させられたりもしたんです。
 ん~・・・つまり、役者さんや監督さんの腕だと思いますが
 一つの役の中にもたくさんの役割がある・・・みたいな?
 何となく組みとって頂けたら幸いです

・時夫くんは、横山さんが今まで演じてきた中でも
 1番自然に演じられてた役なんじゃないかなって思います。
 横山さんがWedで、演技の難しさや楽しさを学んだって
 書いてらっしゃいましたけど、そのお陰ですよね。
 

書きたいことをまとめずに書いてしまったので
ごちゃごちゃしちゃいましたけど

結局、横山さんと同じ事言っちゃいますけど
この物語を通して人の温かさを学びましたね。
『拝啓、父上様』という作品は、毎回違った物語の
温度、体温を感じられるものやったと思うんですね。
見終わったらなんか、心がほっこりしてたり
変にギュって締め付けられたりとかして。

またこんな良い作品に出会いたいですね。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
*。+♥WHEN♥+。*
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
*。+♥YUKINO♥+。*
HN:
八市 千乘
性別:
女性
職業:
♥∞er♥
自己紹介:
やっかしeighter.。.♥

基本∞担ですが
なんだかんだ言いながら
ブラック贔屓(*/зヽ)♥♥

∞の8人、みーんな大好き♥

8→1


v(o・ω・o)ノ゙.。.♥



【go no to way】

長く先の見えない
暗いトンネル。

小さく零れ落ちる雨。

冷たくて 凍えそうな指先。


それでもただ
進もうとする足元に

薄明かりが差し込んで

ぼんやり道が
見えてきたみたい。


このトンネルは
どこまで続くのだろう。

この道は
どこへ繋がるのだろう。


君ならできるよ。

もう一度この場所へ。


あたしはここで待ってるね。

 
            千乘
*。+♥足跡♥+。*
[12/02 たつえ]
[08/04 八市]
[08/02 たつえ]
*。+♥調査♥+。*
*。+♥パシャして♥+。*
*。+♥IN eighter OUT♥+。*
*。+♥誰来たん?♥+。*
Material : ミントBlue 忍者ブログ [PR]